ソーラーカーポートを併用して発電量を多くする方法

マイカーを所有している人は多いかと思われますが、一戸建て住宅などの場合はマイカーを止めておくスペースとしてカーポートを設けているケースは多いのではないでしょうか。
カーポートは屋根付きの駐車スペース、大切な愛車を雨や風などの自然の猛威から守ってくれます。

屋根の形状は様々、カーポートに利用している材料も様々かと思われますが、頑丈な骨組みで屋根もしっかりしているのであればソーラーカーポートとしての利用価値もあります。

ソーラーカーポートの情報を提供しているサイトです。

ソーラーカーポートはカーポートの屋根に上にソーラーパネルを取り付けて太陽光発電を行えるもので、住宅の屋根だけでは十分な発電設備を導入出来ない時でも便利です。
仮に、日当たりが良いカーポートなどの場合は太陽光発電に適した環境と言えましょう。

住宅の屋根とソーラーカーポートの両方で発電を行えば、より多くの電力を作り出す事も可能になって来ます。



また、全量買い取りの場合にもソーラーカーポートが役立つ存在になってくれる可能性を持っています。

全量買い取りにするためにはメガソーラ―が必要、総出力量が10kWを超えていれば全量買い取り制度を利用出来るようになるわけです。


住居内で利用する電気は電力会社から購入するものを使い、太陽光発電で得た電力はすべて電力会社に買い取りして貰う方法も出て来るわけです。

一般的な住宅の屋根だけでは総出力量を10kWにする事が難しいのですが、ソーラーカーポートとの併用なら可能性が広がるのではないでしょうか。