水漏れ修理を解決します

トイレが詰まり水が漏れそうになったら

トイレが詰まり水が便器から漏れてきそうになって焦った、という経験をしたことがある人はけっこういるはずです。

特に大量の排便をしたときなどに詰まりが起きて漏れそうになることがよくあります。水を流したら、便が便器から溢れてきそうになるとパニックになりそうになりますが、そこで慌ててはいけません。そういう場面に出くわした場合に、パニック状態になった人がよくやりがちな過ちが、水を流すレバーを何度も動かすことです。

トイレではそれくらいしかやることがないので、ついうっかりやってしまいがちですが、漏れそうになっている汚水が、本当に便器から溢れて出てきてしまうという最悪の事態を招きかねない愚行です。確かに軽度の詰まりの場合は、それで流れていってしまうことも多いのですが、何か固形物ががっちり詰まっているというような場合は、詰まりが解消されずに溢れてしまうかもしれません。水を流したら詰まってしまって溢れそうでヤバイと思ったら、やらなければいけないのは止水栓を閉めることです。止水栓はタンクのすぐ近くにある場合が多いのでそこを閉めましょう。

そうすれば、タンクから便器に水がいかなくなり水があふれるのを回避できるでしょう。汚水が流れ出すのを回避できたら、ラバーカップなどを使って詰まりを解消することを試みます。たいていは、自力で解決できることが多いものですが、どう頑張っても解消しないならプロの業者に頼んで修理してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *