水漏れ修理を解決します

ベランダが原因の雨漏りの修理

ベランダから雨が入り込んで、室内で雨漏りする場合は、ベランダの修理も必要になりますので、工務店に相談しましょう。

工務店に相談するメリットは、工務店ならば他の専門業者との連携がありますので、いかなる原因であっても柔軟に施工してもらえる点です。ベランダから雨が入り込んでいるのが見て分かる場合に気をつけたいのが、雨漏りの修理にベランダの修繕も含める点です。雨漏りして被害を受けているのが室内であっても、ベランダの修理も必要です。雨漏りの修理は必ず屋外と屋内の両方を同時に施工してもらうようにしましょう。ベランダにおける雨漏りの修理ポイントは、ベランダ笠木の腐敗の度合いです。

長年にわたり雨が入り込んでいると、笠木に雨がしみこんでいて腐敗している場合が多いです。雨漏りが室内で発生するには、ある程度の時間がかかります。数年間に及ぶ雨水が原因の腐敗で、ようやく室内に雨が入り込む場合も多いです。室内に水滴が落下し始めたときには、ベランダの笠木は腐敗して危険な状況になっている可能性もあります。雨漏りの修理は、穴を塞ぐだけではなく、実際に雨水が流れていた経路を調査して、腐敗している箇所は除去して、新しい木材に交換するのが理想的です。

ベランダの笠木は交換リフォームも必要になります。予算は高く感じるかもしれませんが、結果的に安全なベランダに回復できます。腐敗したまま放置していると、虫が寄り集まりやすくなり不衛生です。ベランダに腐敗物が置かれていないのにハエなどの衛生害虫が集まっていたら、笠木の腐敗による腐植質の匂いが原因なので、雨漏りの修理の一環として笠木も新しくしてもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *